この出会いにありがとう。私の経験した「アイカツ武道館」と、アイドルVtuberになった経緯

 

こんにちは、天秤はかりです。

今回は私のアイカツ武道館前後の思い出と、Vtuberになった経緯のお話しです。

この一連の思い出話は以前配信でもしましたが、2時間超えの配信となり視聴難易度が高いのと、アイカツ武道館からそろそろ1年経つ記念に文章にして残しておきます。
応援上映平日きつくない?行くけど……。


アイカツ!ミュージックフェスタ in アイカツ武道館!」は、2018年2月27日、28日に日本武道館で行われたライブで、アイカツ5周年の目玉企画のひとつでした。
アイカツはキャラクターの声優と歌唱担当が分かれていて、アイカツ武道館は歌唱担当である所謂「歌のお姉さん」たちの全国ツアーのラストを飾る5年間の集大成的なライブでした。

その日は推してるアイドルの定期ライブの日で、バーチャル電車で現場に向かいながらアイカツの最新情報の発表をツイッターで追いかけていました。STAR☆ANIS、AIKATSU☆STARS!全員卒業」の文章が目に飛び込んできた瞬間全ての思考が停止し、「は?」と口をついて出ました。

 

当時のツイッターアカウントを消去しているのと記憶が混濁しているため発表までの詳細な経緯等は曖昧なのですが、不穏な空気は漂っていたんですよね。アイカツフレンズ!という後継作品の発表、声優さんが楽曲を歌うという情報の発表が先にあったからだと記憶しています。
なので、思考停止からの混乱はあっても割とすんなり理解はできました。すんなり理解し、理解した10秒後には電車内で号泣していました。
数分後には定期ライブの最寄駅に着いてホームに降りて暫く泣き、メイクが大崩壊してたので「推し(松田美里)に合わせる顔がねえ!」と急いで直そうとしましたが、そもそも涙が止まらず直す傍から崩れてきたので諦めました。
泣く合間に呼吸をしながら、ショックと並行して妙に冷静に「これがマジモンの嗚咽なんだな〜」と謎の納得をしたことをよく覚えています。
ライブに行く気にはとてもなれず、動員を1人減らしてしまうことに罪悪感を感じつつも反対の電車に乗って直帰しました。帰りの電車でも延々泣いていたので同乗していた方々には申し訳ないことをしたなとつくづく思います。
結局その日は21時くらいまで泣いていて、人間はここまで泣けるんだなあとぼんやり思いました。


この時に私が感じていたショックは

アイカツという私の魂の形を形成している存在の喪失
・5周年お祝いの武道館が一変してお別れの場になってしまった
・残り3週間は短すぎる
・行ける現場(ライブ)に行かなかった後悔

だいたいこんな感じです。

私は比喩ではなくアイカツ!に人生を支えられている人間です。理由は色々ありますが、心身共に絶不調の時の私に救いの手を差し伸べてくれたのがアイカツ!だったのが大きいなと思います。
褒められたものではないのですが、アイカツに完全に依存しています。ここ5年ほどあらゆる場面でアイカツに支えてもらい、息を切らしながら何とか普通の人たちと足並みを揃えて「人間」をやってきました。
そんな人間に「アイカツ!が失われる」という実感を浴びせるとどうなるかというと、一瞬で心身のバランスが崩壊します。しました。いとも簡単に認知の歪みが発生し、熱が出て、自律神経が大崩壊しました。

アイカツ武道館は、やっとのことで人生をこなしている私にとって、短期的な人生の目標と言っても過言ではありませんでした。「週末はイベントだから仕事頑張れる」ってやつです。
なんといっても武道館ですし、何かと特殊な立ち回りを強いられてきた歌のお姉さん達の晴れ舞台が何よりも嬉しかった。そしてアイカツ武道館を楽しみにする毎日そのものがとても楽しかったんですよね。 何てコトない毎日がトクベツになってました。
期待と楽しみばかりがどんどん大きくなる日々が、あの日を境にして死(概念)へのカウントダウンへと変わりました。

そして、そのカウントダウンの期間が3週間しか設けられなかったことも精神が追い詰められる一因になりました。
たったの3週間で、5年間の積み重ねと思い出と思い入れがあるコンテンツ(の一部)とお別れする心の準備?無理です。
これに関してはその後色々あったので「苦しむ時間自体は短い方が楽なのかもしれないな」と若干考えを改めたりもしました。

ですが、タイムリミットと設けられた短い期間そのものよりも私を苦しめたのは「行ける現場に行かなかった後悔」でした。

アイカツスターズ!に全く迎合できず、アス!を一切視聴していなかった」
STAR☆ANIS(ア!曲を歌うグループ)が前座・ゲスト扱いで、AIKATSU☆STARS!(アス!曲を歌うグループ)がメインのアイカツ現場に行くモチベが湧かなかった」

これに尽きます。

ざっくり述べると、私はアイカツ!の所謂「優しい世界」が好きで、アイカツスターズ!の序盤からはそれを感じられず、拒否反応が出ました。一応付け加えると、当時の私はこう思いましたという話であり価値観の押し付けや正当性を主張するものではありません。ただの記録です。元々世代交代というものが苦手で、「アイカツ!」を過剰に神聖視している節もあります。
周りのオタクが和気藹々とアス!(アイカツスターズ!)やゆめロラやよぞまひをエンジョイしているのを傍目に見ながらも迎合できる気はせず、いつの間にか10話、25話、50話と話数は積み重なり引っ込みがつかなくなってしまいました。
それでもア!(アイカツ!)熱は衰えませんでしたし、魂とアイカツ!はとうに癒着していたため供給の少なさやアス!を楽しめないコンプレックスはありつつも特に問題はありませんでした。
そんな調子だったので、「知らないアイカツの曲」という若干の恐怖すら感じる楽曲たちを歌って踊るAIKATSU☆STARS!のライブには当然行きませんでした。
武道館前のツアーにはSTAR☆ANISも参加していましたが、AIKATSU☆STARS!の前座という待遇にキレて行きませんでした。現行シリーズが第一だと当然理屈で理解してはいても、感情の整理がつかないものはつかない。なので行かない。赤ちゃんか?(屈託した思いを抱えているアス!中心のライブでア!曲を回収できてもそんなに嬉しくないな……という気持ちもありました)
今思えば、これが大きな甘えでした。私は人生をアイカツ!に寄せすぎるあまり、アイカツ!の新規展開がなくなる」というごく自然で当たり前の想定すらできなくなっていたのです。すごいですね。だから、「次の大型合同ライブがあるだろう」と確信してスタアニが前座・ゲスト扱いのライブはガン無視して、武道館を前にしてもアイスタ曲はアルバム予習で十分だろという舐めっぷりでした。アイカツを舐めてる。


上記のようなショックを全身に浴びた結果、速攻で体調を崩しました。
精神面の不調が体調に現れやすい体質も相まって、自律神経失調の諸症状がマックスで出力され、思考回路に靄がかかり頭の回転が超鈍足になり、脳のリソースを体感20%ほどしか使えず、熱が出てバイトを休みました。(とても仕事ができる精神状態ではありませんでしたが)

体調不良自体は2~3日でほぼ治ったのですが。ぼんやりした頭で「じゃあ武道館までに私には何ができるんだろう?」と考えました。

考えた結果、

アイカツ!アイカツスターズ!を全話視聴しよう。」

となりました。アス!が現行作品だったのでざっくり24分*270話くらいだったと思います。超短期間アイカツフルマラソンチャレンジ。
後述する身の上話も踏まえて今考えるとシンプルに気が狂ってるなと思いますが、これ以上「やらなかった後悔」を重ねると一生引きずりかねない、と本気で思いました。

そこからの3週間は完全にアイカツの履修がベースの生活リズムに切り替えました。
とにかく時間がないことがネックだったため他アニメ履修やVtuberの新規開拓やシロちゃんの過去動画の履修等々を全てストップし、バイトと就寝時間以外ほぼほぼアイカツを視聴していました。無印に関してはdアニメストア様様です。
バイトも余裕がある日はアイカツを観たいので早退します」と告げて帰っていましたが、幸いにも従業員全員が何かしらの限界オタクで趣味にありえんほどの理解がある職場だったため容認されていました。
起床時間の9割超をアイカツのことを考えて過ごした結果体内アイカツ濃度が高まり精神が比較的安定し、体調が崩れなくなったのは予想外のプラス効果でした。
アイカツのことを考えてアイカツのショックを薄れさせる、理想的なアイカツオタクムーブができたのではないかと思います。

アイカツスターズ!をいざ履修してみると、やはりすんなり受け入れることができました。きらあこのオタクです。あと曲がありえん強い。
私はきっかけが欲しかっただけなんですよね。積んでる話数が増えて引っ込みがつかなくなるのに比例して、きっかけのハードルがガンガン高くなってしまいました。
これは「アイカツ武道館」という二日間の後悔を少しでも減らすための履修マラソンでしたが、アイカツのオタクとしてあの時期にアス!を受け容れられてアイカツフレンズ!に進めてよかったなあと思います。

アイカツ武道館までの3週間、一瞬でも完全に健やかな瞬間があったかと言われるとそうではなく、アイカツとの別れの恐怖を無理矢理アイカツで覆い被せているだけではありました。バイト中でもご飯中でもふとした瞬間に涙が出るという具合には綱渡りでした。
「歌唱担当の卒業だけで何を過敏になっているんだ、別にアイカツそのものはなくならないだろ……」と思われるかもしれませんが、精神的な依存、アイドルコンテンツにおけるライブや音楽の重み、5年間の思い出、公式がコンテンツに一区切りをつけようとしている恐怖、大好きなアイカツの音楽を最高に楽しむ場が失われるという喪失感をご理解いただければと思います。

結果として3週間で全てを履修するのは不可能で、確か240話前後でタイムリミットが来ました。ですが「やりきったな」とは感じました。あれ以上時間を捻出するのは物理的に無理でしたし、後悔もありませんでした。

そのような感じで僅かばかりの余生を過ごし、アイカツ武道館に挑みました。アス!を履修したため九段下駅の例の出口もばっちり回収できました。

当日は音漏れのネタバレが話題になったなあ〜とよく覚えています。まあ武道館におけるリハ音漏れは避けられない……。ネタバレ回避のためにイヤホンで爆音でラジカツを聴きながら物販に並んだのもいい思い出になりました。
1日目はとにかく楽しくて、閉演後の喪失感が全くなかったことに自分でも驚きました。「明日もこんなに楽しいのか〜〜〜!!!!アイカツ武道館とんでもねえ〜〜〜〜!!!!!」みたいなハイテンションが止まらないんですよね。お祭りがいつまでも終わらないというか、1日目と2日目が地続きになっている感覚がありました。
2日目はオタクの悲願であった推しのソロ曲が武道館で初披露される実績を解除するなどの神イベントもありつつ、1億回ほど全身が感情と化して号泣しながらもやはり最高に楽しいライブでした。

ライブの内容を全て文章化していたら文章量がおしまいになってしまうので割愛します。とにかく素晴らしいライブであり、彼女たちの集大成でした。

一番驚いたのは、「明日からも人生を頑張ろう」と心から思えたことでした。何なら私は気持ち的には「九段下で死ぬ」くらいの勢いでアイカツ武道館に臨んでいた節があります。自暴自棄というよりは、人生のサビを感じたので。
ですが、ソロ曲があるアイドルほぼ全員の衣装が用意されてソロ曲が歌われるのを聴いて、リラフェアリーコーデを纏ったわかさまの輝きのエチュードを聴いて、AIKATSU GENERATIONを聴いて、アイカツへの感謝と同じくらい、私も頑張りたいなあと強く思ったんですよね。
アイカツ!のオタクなら誰もが「ステキな明日を迎えられるようなライブ」に心当たりがあると思います。知らない方は是非「大スター宮いちご祭り」で検索してください。この映画は単体で見れます。
アイカツ武道館は私にとって2度めの「ステキな明日を迎えられるライブ」でした。分からされてしまいました。
アイカツの一区切りという大きな喪失を体験してもなお、アイカツは私の原動力であり、力をくれる存在であることに全く変わりはありませんでした。


ここからは身の上話になりますが、私は丁度その時期に大事な国家試験を控えていました。合格率2割前後で、とにかく範囲が広くて一発で取るのは大変な資格です。しかし一身上の都合によりど~~~しても一発合格がほしく、本気で挑まないと相当まずい状況でした。
歌のお姉さん卒業発表が2/4、アイカツ武道館が2/27・28、国試が4月中旬というスケジュールです。最も試験対策に精を出さないといけない2〜3ヶ月のうち1ヶ月を全てアイカツに費やし、テキストすら開きませんでした。アホでは~~~~~???????????
アイカツ武道館に後悔を残すことのほうが嫌だったので迷いはありませんでしたが、常人の取る行動ではない……。
ともかく、アイカツ武道館を経てアイカツに改めて頑張る力をもらった私はモチベが天元突破し、アイカツに費やしてた時間の大半をそのまま国試の勉強時間にスライドさせました。一発合格しました。嬉しい〜‼️🎉💮
私は継続した努力がとても苦手で落ちこぼれがちな人生を歩んできたので、国試も周囲のほぼ全員に「いや無理だと思うよ……」と微妙な反応をされていました。いや自分でも微妙だな〜とは思っていましたが。真っ当な反応です。
毎日STARDOM!を爆音で聴いてモチベをガン上げて2時〜3時くらいまで勉強してました。アイカツスターズ!を観てよかった……。

特にCメロの歌詞が大好きで、

無謀と言われた あの日の夢も今では
この腕の中に… わたしの中にある…!

絶対にこれになりたかったし、なれたな!?と思ったらワ〜って涙が出ました。実質STARDOM!。

アイカツ武道館を経ていなかったならこんなに頑張れていなかったと断言できます。単純にモチベに繋がったのもありますし、「アイカツに貰ったたくさんの勇気を行動や形にてお返ししたい」と強く思ったのもあります。

ですが、そのようなアイカツへの恩返しのような気持ちを抱いて勉強をしたり、合格通知を眺めていたりしていると、その度に「やっぱりこれは全てアイカツから貰ったものだな?アイカツに返せてないな?」という気持ちが強まっていきました。

丁度その時期、企業Vtuberのオーディションがいくつも平行で開催されるようになりました。アイドルを冠するものもいくつかありました。SHINING LINE*……自分で繋ぎたくない!!?!!、?!!?穏やかじゃな~~~~い!!!!!!!オーディションを受けました。1つめに落ちて、2つめ(カガスタ1期)はかすりもせず、ま〜そんなものだよな〜と思っていたら「カガスタ2期オーディション受けん?」みたいなメールがmikai(事務所の会社)から届いて受けたら合格しました。やったね。天秤はかり爆誕

経緯もそうなのですが、面接の時にはアイドル像として「ステキな明日を迎えられるような存在」という言葉がスラスラ出てきましたし、アカペラで歌った曲はロンリー・グラヴィティでした。存在理由:アイカツといっても差し支えないのでは?

そんなわけで今私はアイドルVtuberをしています。去年の今頃とまるで違う景色なの、という感じです。来年の今頃どんな景色見つめてるのかは何も分かりません。どのような形かはさておいて、きっとアイカツに貰ったたくさんの想いを繋ぐべく、頻繁に息切れしてはアイカツに支えられて何とか人生をやっていってると思います。


まあ大体こんな感じです。
普段私が執拗にアイカツ!の宣伝をしている理由が少しでも伝わったのであれば嬉しいです。受け取ったバトンを次は私から渡せるように、これからも自分らしく活動していきます。


そして私が普段活動しているYouTubeでは、アイカツ各シリーズの1話が無料で視聴できます。
現行シリーズであるアイカツフレンズ!1話から見ることを推奨しますが、どこからでも全く問題ありません。

www.youtube.com


文章内で出てきた楽曲から2曲紹介します。アイカツyoutubeで大体の楽曲を聴くことができるのが強い。

www.youtube.com

www.youtube.com

アイカツ武道館BDの試聴動画はこちら!12:16~が輝きのエチュードです。

www.youtube.com

 

お時間のある方、これを読んでアイカツに少しでも興味が湧いた方は是非ご視聴ください。皆さんがステキな明日を迎えられますように。

 

普段はツイッターyoutubeで活動しています。こちらもぜひ!

(2時間越えのアイカツ配信はこちらからみれます、、、)

www.youtube.com

www.youtube.com

twitter.com